レオのいいんじゃないの

アクセスカウンタ

zoom RSS 尾瀬 富士見下〜八木沢新道〜見晴

<<   作成日時 : 2018/07/27 20:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

 2018年7月18日(水)〜19日(木)、いつのまにやら毎年の恒例行事となりました、山小屋一泊で尾瀬に行ってきました。

 今年は、関東地方は観測史上初となる6月に梅雨明けし、7月は連日30℃超えの猛暑。この2日間もめちゃめちゃ暑かった。

 今回のコースですが、1日目は富士見下から入山し、八木沢新道から見晴へ。2日目は見晴から竜宮、長沢新道、アヤメ平を経由して富士見下へ下山しました。

 見晴での夜、湿原でホタルを見ました。他の登山者も歓声をあげていました。

 今回は1日目の富士見下から見晴までのコースを紹介します。

 それでは、写真をどうぞ。

画像
















 富士見下のゲートです。ここから100mほど手前にトイレがあり、そこに駐車場があります。
 ゲートのそばに数台駐車スペースがあり、レオはそこに止めました。
 富士見下から入山する人は、ほとんどいないようで、車はレオが5台目です。
 歩き始めは8:35です。

画像
















 林道の最初のポイント、田代原です。
 時間は9:15、ケートから40分です。
 近くに田代があるのかもしれませんが、林道からは見えません。

画像
















 2番目のポイント、元休憩所です。
 標識のすぐ脇に沢があります。暑いので、飲みたい衝動に駆られましたが、ここは我慢。
 時間は9:45、ケートから1時間10分です。

画像
















 遠くにアヤメ平へと続く稜線が見えました。
 あそこを超えないと見晴に行けません。

画像
















 アヤメ平下という標識が立っています。
 時間は10:10、ケートから1時間35分です。
 ここまで登ると展望が良くなります。

画像
















 合成写真ではありません。
 斜めに伸びている木の後方に、偶然飛行機雲が見えていたので撮ってみました。

画像
















 富士見峠です。
 時間は10:30、ゲートから1時間55分です。ゲートからここまで休みなしで歩きました。
 右側の建物は富士見小屋、左側は公衆トイレです。

画像
















 富士見峠から木道を1分ほど歩くと、写真のような富士見田代があります。
 ここで早めのお昼にしました。
 小さな湿原ですが、池塘がすごくきれいで、気持ちのいいところです。
 遠くに見える山は燧ヶ岳です。

画像
















 富士見峠まで戻り、富士見小屋の前に立つ標識に従い、「八木沢新道見晴」方面に向かいました。
 富士見峠出発が11:30です。

画像
















 直ぐに道が二手に分かれます。
 直進は尾瀬沼方面、左手が八木沢新道です。

画像
















 八木沢新道は普通の登山道で、木道はありません。
 見晴まで下りです。
 ところどころ道幅が狭くなり、急斜面もありますが、危険を感じるような個所はありませんでした。

画像
















 倒れかかった標識に、「昼場」と書いてありました。
 時間は12:30、富士見峠から1時間です。

画像
















 登山道をもう一枚。

画像
















 八木沢に架かる八木沢橋です。
 川の流れに足をつけて涼んでいるおじさんがいました。
 時間は12:55、富士見峠から1時間25分です。

画像
















 見晴沼尻川橋という標識があったので、そういう名の橋なんでしょう。
 時間は13:25、富士見峠から1時間55分です。

画像
















 気持ちのいい登山道です。
 富士見峠から下りが続いていましたが、八木沢橋から見晴までの間、時間にすると45分ほどですが、上り下りがほとんどない平坦な道になります。
 周りの風景も変わり、富士見峠から八木沢橋までは樹林帯の普通の登山道ですが、八木沢橋から見晴までは高原の小道を歩いているような、そんな感覚になりました。

画像
















 今夜のお宿、見晴に立つ弥四郎小屋です。お世話になりました。
 時間は13:40、富士見峠から2時間10分、休みなしで歩きました。

画像
















 夕食後、湿原に出てみました。
 何度か尾瀬の山小屋に泊まりましたが、夜の湿原に出るのは初めてです。
 天気が良かったせいか、けっこう多くの人が出てました。
 お目当ては、星空とホタルです。
 星空は月明かりと、薄雲が出ていたので、あまり見えませんでしたが、ホタルは見ました。
 一応これでも都会育ちなので、ホタルを見たのは小学生の時以来で、冗談抜きで40年振りくらいです。
 いや〜、いいものを見ました。
 写真は、弥四郎小屋から湿原方面を撮ったものです。
 夕闇迫る尾瀬ヶ原、白い点はお月様です。

画像
















 弥四郎小屋の明かり。
 遠くのシルエットは燧ヶ岳です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
邂話§尾瀬夏逍遥[1]鳩待峠から山ノ鼻
[承前] ...続きを見る
ひだまりのお話
2018/08/19 07:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

韓国の空港を出発した飛行機が成田や羽田に向かう定期空路が、至仏から尾瀬ヶ原を横断、燧上空を通過していきます。

↓でチェックできます
https://www.flightradar24.com/36.94,139.17/11
HIDAMARI
2018/08/19 07:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
尾瀬 富士見下〜八木沢新道〜見晴 レオのいいんじゃないの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる